Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

これを読めば解決!勉強中に背中が痛い時の治し方

Exam Information
PR

勉強中に背中が痛くなる原因

勉強中に背中が痛い!

皆さんは勉強をしていて、背中が痛くなった経験はありませんか?長時間同じ姿勢で勉強し続けていると、背中が痛くなってしまうことがあります。背中が痛いと辛いですし、勉強に集中できなくなってしまいます。今回は、勉強中に背中が痛くなってしまう原因とその解決方法についてご紹介します!

原因① 姿勢が悪い

背中が痛くなる原因として最も多いのは、姿勢の悪さからくるものです。人間の体は、頭の重さを背骨や腰の骨でうまく支えるようにできています。正しい姿勢であれば、頭の重さがまっすぐ背骨にかかって分散されますが、姿勢が悪いとうまく背骨に力が分散されず、首や肩や背中の筋肉に余計な負荷をかけることになってしまいます。

すると、負荷がかかった部分に痛みが生じるというわけです。負担がかかって疲労した筋肉は血行が悪くなり、疲れが取れにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。

詳しいことはこちらの整骨院のホームページに書いてあるので見てみてください。なお、姿勢が悪くなる原因としてさまざまな病気がこちらには書かれていますが、若い受験生の皆さんにとってはあまり心配することのない病気がほとんどです。若い皆さんにとっての姿勢が悪くなる原因は、もともと猫背気味であったり単に座り方や勉強する姿勢が良くないだけでしょう。

原因② 筋力不足

受験生は運動をする機会が少なく、運動部に入っていた人でも引退してしばらくすると全身の筋肉が落ちてしまいます。腹筋や背筋など体幹の筋肉が弱いと、姿勢を支えるために全身のさまざまな小さな筋肉が余計に働かなければいけなくなってしまい、痛みが出ることがあります。

さらに、使わなくなった筋肉は血行が悪くなりどんどん固く凝り固まっていってしまうので、余計に痛みがひどくなってしまうことがあります。

原因③ ストレスが溜まっている

ストレスが溜まると、自律神経が乱れることで血行が悪くなってしまい、それによって痛みが引き起こされることがあります。勉強をしていると、思い通りにいかないことやイライラすることも多くストレスが溜まることがあります。

背中の痛みに限らず、頭痛や腹痛を引き起こしたり、食欲や睡眠に影響してしまったりすることもあるので注意が必要です。

解決方法は?

解決法① 正しい姿勢を心がけよう!

まずは、正しい姿勢で勉強をすることを心がけてみましょう。勉強するときの正しい姿勢は、まずは椅子に深く膝をそろえて座り、机と体の間に握りこぶし1つ分の間隔を開けます。

膝下を床に垂直に下ろし、膝は90度に曲げます。背筋をピンと伸ばし、お腹も伸ばしますが、このとき胸を張らないように注意。最後に顎を引いて正しい姿勢の完成です。

この正しい姿勢が取れるように、机や椅子の調整を行うと良いでしょう。詳しくは、こちらのサイトに書いてあるので参考にしてみてください!

解決法② ストレッチをしよう!

長時間同じ姿勢でいると疲れてしまいますし、血行が悪くなって背中の痛みが強くなってしまうので適度にストレッチをしましょう。30分から1時間に1回くらい立ち上がって歩いてみたり、伸びをしたりすると良いでしょう。

PR

体をねじってみたり、肩を回してみたり、さまざまな運動をすることで背中以外の部分もほぐすことができますし、良いリフレッシュになることでしょう。

集中が切れてきたタイミングや、勉強に一区切りついたときなどにストレッチをしてみましょう。詳しいストレッチはこちらのサイトに載っているので見てみてくださいね。

解決法③ 体幹を鍛えよう!

背中が痛くなる原因でもある筋力不足や運動不足を解消するために、軽い筋トレを行うのも良いかもしれません。体幹をしっかりさせるために、腹筋や背筋を鍛えてみましょう。

そこまで大きな負荷をかける必要はありませんし、朝起きてすぐや夜寝る前などちょっとした隙間時間であまり時間をかけないでやるのが良いでしょう。受験太りを防ぐこともでき、ちょっとした気分転換になるのでおすすめです。

解決法④ ストレスを解消しよう!

自律神経を安定させ、血流を良くするためにストレスを解消しておくのも大切です。ストレスを感じる原因としては、疲れが溜まっていることや勉強が思い通りにいかないことなどがあるでしょう。

疲れはあまり溜め込みすぎると集中力が低下して勉強の効率が落ちてしまうので、早めに取り除かなければいけません。

また、勉強が原因で思い悩んでいる場合は、モチベーションを上げてやる気を取り戻さないと、なかなか前に進むことができません。

疲れているとき、やる気を取り戻したいときの解決法を別の記事で詳しく書いているので、ぜひ読んでみてください!

まとめ

いかがでしたか?勉強中に背中が痛くなる原因として一番多いのは姿勢の問題でした。ついつい癖で悪い姿勢のまま勉強を続けてしまい、痛みが悪化することもしばしばあります。

勉強をして体を痛めてしまうと、疲れやストレスの原因にもなり悪循環に陥ってしまいます。快適に効率よく勉強を進めるためにも、今一度姿勢の見直しやストレッチを実践してみましょう!

PR

LINEで友達追加する

Shotaro Hirata

4,281 views

東京慈恵会医科大学で日々奮闘している医学生ライター。 横浜の聖光学院高校を卒業後、東京慈恵会医科大学に現役合格。数学が得意ではなかったが、得意科目の英語の成...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する