【2023年最新版】オススメの医学部予備校をランキング形式で徹底比較!費用からカリキュラムまで

医学部対策の勉強法

近年、医学部受験の人気の高まりとともに、医学部専門予備校を選ぶ人が増えています。

まさに、「医学部専門予備校」が群雄割拠する時代となりました。

前回は予備校の選び方について解説しました。ぜひこちらも併せてご確認ください。

今回は、カリキュラム・費用・口コミなどがら比較し、オススメの医学部専門予備校をランキング形式で発表していきます!

2023年合格を引き寄せるお勧めの予備校ランキング

第1位:口頭試問などで知識の定着を図る「四谷メディカル」

カリキュラムの特徴:知識が定着しにくい授業は最低限に、主に演習指導や口頭試問で知識の定着を図る。1クラス10名以内の担任制により、生徒を朝から晩まで徹底管理する。入学時の学力に関わらず、トップレベルの講師がつく。

学費:入学金・教材費・指導料込の年間の価格。寮代は含まれない。私大医学部完全合格プログラムで590万~840万。入学時学力別コースがあり、195万(特待生)~540万円(偏差値40程度)。オンラインコース380万円。

口コミ:2次試験対策が充実している。面倒見が良い。レベルに合わせた課題を出してくれた。

オススメポイント:業界初の学力別の学費設定を設け、ある程度の学力や一次合格の実績があれば安く受講できる。

注意ポイント:東京にしかない。下宿する人は、寮代や生活費などでさらに200万円ほどかかる。ホームページに記載のある進学実績には補欠合格や一次合格も含まれる。

第2位:完全個別指導で苦手をつぶす「学び舎東京」

カリキュラムの特徴:医学部・難関大学合格を目指す。完全個別指導で、生徒ひとりひとりの課題を発見し、解決策を提示する。口頭試問を多く取り入れた授業スタイルで、生徒の思考プロセスに誤りがないか確認する。第二言語習得研究に基づく、英語学習の独自メソッドがある。日々、英語や数学計算などの基礎力を鍛える時間がある。「学び舎東京Plus」というコースでは、15人限定でパーソナルトレーナーがつく「超個別指導」を受けることができる。

学費:入学費22000円、授業料(1回あたり)14960円、学習サポート管理費:3850円/月、仮に週に4回授業を取ったとしても、毎月24万円程度となり、他の医系予備校より安価

15名限定の「学び舎東京Plus」では、入学費50000円、1回あたりの授業料18700円となる。

口コミ:個別指導の口頭試問で自分が気づいてなかった弱点に気づくことができた。

オススメポイント:自習室がカフェのようにきれい。毎年、国公立医学部に合格する人がいる。オンラインコースあり。

注意ポイント:東京にしかない。地方生は別途下宿するか、オンラインコースを選択する。

第3位:進学実績No.1を誇る「メディカルラボ」

カリキュラムの特徴:学力や志望校によって個別カリキュラムを組む。完全個別授業。1回の授業は150分で、講義50分+演習50分+演習解説50分により深い理解をめざす。

学費:国公立医学部コースも私大医学部コースも同額で、入学金・個別カリキュラム管理費・授業料合わせて年間505万円程度。夏期講習・冬期講習の受講費は含まれていない。

口コミ:自分の課題に合わせた授業を行ってくれた。現役医学生のチューターのアドバイスがモチベ―チョンにつながった。

オススメポイント:圧倒的な経験と進学実績。全国27校開設し、地方でも通いやすい。

注意ポイント:学費が高い。講習会費を含めていない点に注意。

第4位:勉強の仕方がわからない生徒に特にオススメ「アシリ吉祥寺」

カリキュラムの特徴:「攻めの個別指導」をうたい、勉強方法から教える。特に苦手科目の指導に定評あり。大手予備校で得意科目を学び、アシリで苦手科目を特訓する生徒もいる。「なぜ苦手なのか」をしっかり分析し、合格に必要なことだけを、基礎から固めていく。

学費:月謝制。入会金33000円、1回120分の個別授業を週2コマ受けたときの月額授業料66600円、科目別で受講できる。「偏差値50代から医学部合格コース」では、4科目の授業と受験生活コーチングを含めて月額516,980円。授業時間を考慮すると他医系予備校に比べ安価。オンラインコースで全国から受講可能。

口コミ:自習室がきれい。暖色系の照明で落ち着ける。飲み物や加湿器、机のヒーターなどが充実していた。先生が「わからない」という気持ちを理解してくれて、勉強の仕方を教えてくれた。

オススメポイント:「勉強が苦手な生徒」をていねいに指導して合格まで導いた経験が豊富。集団授業で伸びない生徒にオススメ。採光を考慮して作られた自習室はカフェのように落ち着ける。

注意ポイント:校舎が東京にあるので、地方生はオンラインコースがオススメ。

第5位:授業をしない「武田塾 医進館」

カリキュラムの特徴:授業を行わず、演習を通して理解を深める。自分のレベルに合わせた問題集から1冊ずつ完璧にしていく。志望校別個別カリキュラムで受験勉強を徹底管理する。「自分だけのテスト」が作られ、毎日勉強の進み具合をチェックする。「デイリーチェック」で疑問点をなくす。

学費:〈徹底管理コース〉3科目316,580円/月、4科目374,440円/月 授業がない分、他予備校より安価。

口コミ:日々、課題の量や内容を調節してくれる。

注意ポイント:全国に3校舎(渋谷、大阪、福岡)ある。オンラインコースはないので、遠方の生徒はさらに下宿代がかかる。

ランキング上位校が自分に合うとは限らない

自分の今の学力、志望校、勉強スタイル、予備校の立地、学費などから総合的に考慮して、自分がいちばん勉強しやすそうなところを選びましょう。各予備校の無料体験に参加してみるのもオススメです。

Cho Shinnichi

91,700 views

金沢大学医学部に在学中の医大生ライター。中国生まれ、石川育ち。 臨床の現場に漢方医学を広めるのが人生の目標である。 生粋の文系少女で、文理選択に悩みつつも高...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

【2023年版】 現役医大生が選ぶ医学部予備校おすすめTOP5