Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医学部の学費が免除になる制度があるって本当?具体的な方法を解説します

Career
PR

医学部の学費が免除になる制度があるって本当?具体的な方法を解説します

「私立大学医学部は数千万円の学費が掛かるけど、国公立大学医学部は狭き門で、自身がない」という医学部志望の人は、多いと思います。

それでも、医学部に進学したいという夢は、叶えたいですよね。

本日は、そんな人のためにピッタリの、医学部の学費が免除されるケースをお伝えします。

学費を免除できる制度は?

医学部の学費免除を望むなら、まず防衛医科大学校という選択肢があります。

卒業後9年間、自衛隊に勤務することを条件に、学費が全額免除になるのです。

また、自衛隊に勤務することになるので、在学中から給与が支払われます。

防衛医科大学校なら、在学中も全寮制なので、生活費が安くて済みます。

 

もう一つの選択肢は、自治医科大学です。

卒業後9年間、へき地の医療施設で勤務することを条件に、学費が全額免除されるのです。

こちらも全寮制で、寮費も安く抑えられますよ。

 

ただし、上記の2大学は入学試験が決して簡単ではないうえに、勤続年数が長くなる医師を養成する目的があるため、(20代後半以降の)再受験に関しては非常に厳しいです。

特待生制度は?

多くの大学が、有能な医師を育成するため、優秀な生徒を確保する特待生制度を採用しています。

特待生として採用されるのは成績が優秀な人なので、優秀な成績の人は検討してみるとよいでしょう。

以下は、各医学部が採用している特待生制度の一部です。

様々な大学が独自の特待生・奨学金制度を採用しているので、気になる大学のホームページはチェックしておきましょう。

PR

 

●国際医療福祉大学「医学部特待奨学生」

特典:入学金150万円を免除。最大6年間で1,400万円の奨学金を給付。

選考条件:特に成績が優秀な合格者。

 

●北里大学「特別待遇奨学生」

特典:第1種は「入学金、授業料、施設設備費及び教育充実費の納入免除(学費全額免除)」

第2種は「入学金及び授業料の一部の納入免除」

選考条件:一般選抜試験合格者の中から特待生を選考(若干名)。

 

●慶應義塾大学「人材育成特別事業奨学金」

特典:年間200万円(総額800万円)を給付。

選考条件:一般入学試験の成績上位者10名程度。

 

●東京女子医科大学「特別奨学生」

特典:授業料を給付。

東京女子医科大学のホームページには、「日本学生支援機構」「小林育英会」「公益信託川津哲郎 記念奨学金基金」「財団法人 颯田医学奨学金」「楠田育英会」「一般財団法人 山根奨学基金」など、さまざまな奨学金制度が掲載されていますので、ぜひ一度ご覧になることを強くお勧めします。

http://www.twmu.ac.jp/univ/medical/m-ent/shougaku.php

 

この他にも、「地域枠入試」や、自治体が独自に行っている奨学金制度を利用すれば、医学部の学費はグッと安く抑えることができますよ。

 

PR

Dietrich

35,434 views

東京大学大学院修了。三多摩地域の自然をこよなく愛し、よくサイクリングを楽しむ。また大のドイツ通で、クラシック音楽鑑賞が趣味。英語とドイツ語の勉強も趣味。嫌煙...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。