大学受験の予備校の費用の平均は?どれくらいかかるの?

医学部入試情報

もうすぐ大学受験。

大学受験はどれくらいお金がかかるのか心配になっている方もいるのではないでしょうか。

今回は、大学受験向けの予備校の費用はどれくらいかかるのか、費用を抑えるコツなどを紹介していきます。

1.高校生は年間で学習費が20万以上掛かる?

Free School Study photo and picture

まずは、大学受験に関わらず、高校生にかかる学習費用はどれくらいなのでしょうか。文部科学省が令和3年度に実施した「子供の学習費用調査」を参考にしました。

それによると、高校生の補助学習費(参考書、家庭教師への謝礼、学習塾費、模擬テスト代など)は年間で20万円以上かかっているようです。

公立学校 私立学校
高校1年 12.9万円 18.1万円
高校2年 14.9万円 23.7万円
高校3年 23.3万円 32.5万円

(文部科学省「令和3年度子供の学習費用調査」より)

また、年間の学習塾費(入会金,授業料(月謝),講習会費,教材費,通っている学習塾での模擬テスト代,学習塾への交通費など)についても調査をしていました。

公立学校 私立学校
高校1年 80674円 110873円
高校2年 107774円 179923円
高校3年 170790円 225035円

(文部科学省「令和3年度子供の学習費用調査」より)

この調査では、受験を目指している高校生と、目指していない高校生を分けていませんが、かかる費用の目安にはなるのではないでしょうか。

文部科学省による「令和3年度子供の学習費調査」について詳しく知りたい方は、以下のリンクをご参照ください。

2.塾に通う人は平均月4万円以上をかかっている?

Free Study Room Afternoon photo and picture

また、塾に通うと年間一人当たり48万円かかるという情報もあります。経済産業省の「平成30年特定サービス産業実態調査」を参考にし、学習塾業者の年間売上と在籍者数から、一人あたりおおよそどれほど塾にお金を払っているかを割り出した記事がありました。

それによると東京都では、年間で59万7787円の費用がかかるようです。また、全国だと集団塾で55万5384円、個別指導塾で45万4353円がかかるという計算になります。

「都道府県「学習塾費用」ランキング…1位は子供一人に48万円!」について、詳しく知りたい方は以下のリンクをご参照ください。

3.費用を抑えるためには

Free Study Room Afternoon photo and picture

では、費用を抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか。3つ、コツを紹介していきたいと思います。

①科目を増やさない

受講する科目をむやみに増やさないようにしましょう。塾側は科目を増やすと割引できます。こちらのほうが、お得です。または、志望校に合格するためには、これくらい受講するべきと言ってくるかもしれません。しかし、受講科目を増やしてもよい結果が得られないかもしれません。

塾での講義を有意義なものにするためには、予習や復習が必要です。また、必要以上に科目を増やすと、体力が追いつかず、塾の講義を受けに来ているのか、寝に行っているのかわからないということもあります。私も受験生のときに、半分以上寝てしまっていた講義もありました。今から考えると余裕がなかったので、受けなくてもよかったなと思います。

逆に本人に余裕があり、講義に対してちゃんと準備ができ、復習する時間も確保できている。そのような場合は、科目を増やしてもよいかもしれません。また、本人のレベルに合っているのかも考えましょう。

受講する内容、難易度、本人に余裕があるか、復習・予習の時間は取れているのか、先生との相性など、よく考えてから科目を増やすか決めましょう。

②入会キャンペーンを狙う

入会キャンペーンを狙うのもよいと思います。よく春や夏など節目で、キャンペーンを行っています。入会金が無料になったり、教材が安くなったりするキャンペーンもあります。キャンペーンは年中やっているものと、本当に季節が限定されているものと、さまざまなので、いつ安くなっているのか確認しておくとよいでしょう。

③オンラインや動画授業だと安くなる

基本的に対面ではなく、オンラインや動画での授業だと授業料が安くなります。例えば、河合塾には対面授業の高校グリーンコースと映像授業の河合塾マナビスという2つのコースがありますが、映像授業のコースのほうが、対面授業より月に約3万円ほど安くなります。最近はオンラインでの授業も充実しており、スタッフによって面談する機会を設けるなどサポート体制を整えた塾も増えています。費用が心配な場合は、オンライン授業・映像授業を検討してみてはどうでしょうか。

Medichenでは「オンライン授業のメリットとデメリット7選!満足度が高い塾とは?」という記事も公開しています。参考にしたい方は、以下のリンクをご参照ください。

4.最終的には本人の意欲が重要!

一人の受験生だった私からの意見ですが、最終的には本人の意欲が重要です。やる気がなくても塾に通わせれば、自動的に成績が上がる、勉強するようになるということはありません。大学受験の費用は、本人の意欲を確認してかけていきましょう。

Medichenでは他にも予備校についての記事を公開しています。ぜひ、参考にしてみてください。

橋本翼

294,452 views

東京都三鷹市の大学に通う4年生。専攻は宗教と哲学。根っからの文系だが、国立大学を志望したため受験時代は数学に苦しんだ。最近はまっていることはKpopアイドル...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

【2023年版】 現役医大生が選ぶ医学部予備校おすすめTOP5