【大学受験】勉強中に眠くなったら?解決策をずばり教えます

Exam Information
PR

みなさんは勉強中に眠くなった経験はありませんか?私も、長時間勉強をしていたり疲れていたりすると勉強中に眠くなってしまい、集中できないことがあります。今回は、勉強中に眠くなってしまったときにどうすれば解決できるのか、その方法をお教えします!

勉強中に眠くなる原因

睡眠不足

夜遅くまで勉強をしていたり、もしくはついついゲームやYouTubeなどでダラダラしてしまって睡眠時間が短くなってしまっていませんか?夜しっかり寝ていないと、その分日中に眠くなってしまいます。高校生くらいの年代であれば、8時間程度の睡眠が必要だと言われています。勉強時間を確保することは大事ですが、しっかりと寝ないことには脳が働いてくれません。

以下の記事も参考にしてみてください。

脳のエネルギー不足

脳も体の臓器の一部ですので、酸素やエネルギーを必要としています。勉強中にあくびが止まらなかったり、ぼーっとしてしまうのは、酸素やエネルギーが不足している証拠かもしれません。脳のエネルギー源になるのは主に糖分です。甘い物を脳が欲しているのかもしれません。

生体リズムの問題

人間には、体内時計という睡眠をコントロールするシステムがあります。これは、昼や夜など時間に応じて、眠気を誘うメラトニンと目を覚ますオレキシンというホルモンをコントロールしているのですが、体内時計が狂うと昼間に眠くなったり夜に眠れなかったりするのです。体内時計を整えるには規則正しい生活や朝に日光を浴びることが大切になります。体内時計が狂って睡眠時間が短くなるとさらに日中眠くなってしまい、変な時間に寝落ちしてしまったりしてさらにリズムが狂うという悪循環になります。

以下の記事も参考にしてみてください。

眠くなったときの解決策

昼寝をしてみよう!

眠いときは、思い切って寝てしまうのも有効です。ベッドで横になって寝ると何時間でも眠ってしまうので、椅子に座ったままうたた寝するのが良いでしょう。30分以内でアラームをセットして、寝過ぎてしまわないようにすることが大切です。また、腰や肩などを痛めてしまったり、手が痺れてしまったりするので変な姿勢で寝ないように気をつけましょう!

また、通学時間や移動時間などを活かして、電車やバスの車内で仮眠をとるのも有効です。寝過ごさないように注意する必要がありますが、移動時間を有効に活用することができます!

PR

カフェインを摂取しよう!

コーヒーやエナジードリンクに含まれるカフェインは、眠気覚ましの効果があります。勉強の合間にコーヒーやエナジードリンクを飲んでリフレッシュしましょう。ただ、カフェインは摂りすぎると中毒症状を起こしてしまう危険があります。飲み過ぎには注意です!また、エナジードリンクはカフェイン以外にもさまざまな物質が含まれていたり、糖分が多過ぎたりするのであまり健康的とは言えません。個人的には、健康増進効果も見込まれるコーヒーがおすすめです。コーヒーの効果については別の記事でまとめているので、もしよかったら見てみてくださいね!

甘い物を食べよう!

脳のエネルギー不足を解消するには、糖分を摂取することが大切です。チョコレート、バナナ、ブドウ糖などなんでも良いのですが、中でもおすすめなのは吸収が速く、余計なものが含まれていないブドウ糖です。ブドウ糖のタブレットやラムネを食べると効果的です。ラムネの効果についての記事を載せておくのでよかったら読んでくださいね!

少し体を動かしてみよう!

長時間机に向かい続けていると、だんだん体に疲れが溜まってきますし、集中力が続かなくなって眠くなってしまいます。そんな時は、少し体を動かしましょう。その場でストレッチをしたり、少し散歩をしてみるのも良いでしょう。体を動かしてみると、不思議と眠気が吹っ飛ぶこともあります。また、屋外に出て日光を浴びるとさらにリフレッシュすることができますよ!

夜は早く寝よう!

やはり、眠くなってしまうということはそれだけ体が疲れているといえるでしょう。そんな時は、思い切って早く寝てしまうのも効果的です。夜寝る前にスマホをいじったりYouTubeを見たりしてダラダラしている人は、そのような時間をなるべく削って睡眠時間に当てましょう。遅くまで勉強している人も、眠くなってきて学習効率が落ち始めたら、思い切って寝てしまうのが良いです。私もなるべく夜はダラダラせず、日付が変わるまでに寝ることを心がけていました。夜にしっかり睡眠をとっておくことで、翌日以降スッキリした状態で勉強に臨むことができますよ!

まとめ

いかがでしたか?勉強中に眠くなってしまうのは、どんなに集中していようがどうしようもないことです。勉強して疲れるというのは勉強を頑張っている証拠です。しっかりリフレッシュして、また勉強を頑張れば良いのです。勉強疲れを取る方法についてはこちらの記事でも書いているのでもしよければ読んでみてください!

ただ、勉強以外のことで夜更かしをして睡眠時間が短くなり、眠くなってしまうのはもったいないです。もし無駄な時間を過ごしている自覚がある人は、受験に向けて少しずつ削減していきましょう!夏休みは授業がなくて朝早く起きる習慣が崩れ、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。そんな夏休みこそ規則正しい生活を意識しましょう!

個人的におすすめな眠気対策は、コーヒーを飲むことと電車移動中に寝ることです。眠いまま集中しないで勉強をしても全く意味がないので、みなさんもいろいろな工夫をして眠気を解消できるようにしましょう!この夏休みがみなさんにとって有意義なものになることを心から願っています。

PR

LINEで友達追加する

Shotaro Hirata

16,916 views

東京慈恵会医科大学で日々奮闘している医学生ライター。 横浜の聖光学院高校を卒業後、東京慈恵会医科大学に現役合格。数学が得意ではなかったが、得意科目の英語の成...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する