Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

調子を崩さずに。受かる受験生の冬休みの過ごし方。

Exam Information
PR

12月に入ると、あっという間にクリスマス。

そして、クリスマスが過ぎると冬休みですね。

合格するために受験生はどんな冬休みを過ごすべきか。

今回は、受験生が冬休みに気をつけること、やるべきことを紹介します。

1.冬休み、意外と短い。

休みと名前がついてはいますが、冬休みは案外短いです。

春休み、夏休みは1ヶ月近くありますが、冬休みは2週間ほどです。

同じ休暇でも、夏休み、春休みとは違い、あっという間に過ぎてしまいます。

また正月をはさみ、家族はお休み気分であることが多いでしょう。

勉強に集中できる時間は、意外と少ないかもしれません。

短い期間を有効に活用していきましょう。

2.受験生が冬休みにやるべきこと

Icicles, Frozen, Cold, Snow, Winter, Icy, Bird Feeder

①共通テストでしか使わない科目の勉強

二次試験では使わない科目を、共通テストで受ける必要がある場合、その教科を勉強したほうがよいでしょう。

私の場合、二次試験で使わない科目は、冬休みに一気に覚えて乗り切りました。特に暗記科目の場合、直前にやらないと忘れていってしまいます。

共通テストでしか使わない科目は、共通テスト直前の冬休みに勉強することをおすすめします。

②共通テストの演習

共通テストの過去問や対策問題集を解いたほうがよいでしょう。

2022年の共通テスト、日程は1月15日、16日です。

冬休みが明けたら、すぐに本番が待ち構えています。

時間配分に慣れるためにも、共通テストの過去問や対策問題集を解く時は、時間を計り、本番と同じような環境でやりましょう。

共通テストは基礎固めにも有用です。共通テストの演習をしていくことで、抜けている分野がわかることもあります。

本番で焦らないように、実戦的に共通テストの演習をしましょう。

③とりこぼしを拾う。

共通テストを解いていても、全くわからない。忘れていた。

そういう分野を詰めることができるのも、冬休みです。

例を出すと、

現役時代、私は世界史の年号をなかなか覚えられず、冬休みまで持ち越していました。

センター試験(現・共通テスト)を解いていくなか、年号の問題で失点が多いことがわかりました。冬休み中に、最低限必要な年号を何とか暗記しました。その結果、センター試験の世界史で、悪くない点数を採ることができました。

意外と基本的なことができていないことがあります。焦らずに、とりこぼしを拾っていきましょう。

PR

3.受験生が気をつけるべきこと

Fir Tree, Fir Branch, Fir Green, Needles, Branches

冬休みに、何を勉強するかということも大事です。しかし、それ以上に大事なのが、どう過ごすかということです。この時期に、落ち着いて過ごすことは重要です。

ということで、冬休みに受験生が気をつけるべきことを3つ紹介します。

①生活習慣を崩さない。

また、冬休みが終わって共通テストまで1週間ほどしかありません。この時期に生活習慣が崩れると、戻すのが大変です。

最低限、昼夜逆転にならないことを気をつけましょう。

できれば、共通テストや二次試験と同じようなスケジュールで過ごせるとよいと思います。

②正月気分に流されない。

冬休みの間は、クリスマス、正月と行事がたくさんあります。

家族も正月休みなどで、のんびりと過ごしているでしょう。

そのような気分に流されずに、勉強していきましょう。

私のオススメは、塾や学校の自習室に行って勉強することです。

どうしても、家に居るとだらけてしまったり、普段より日中に家族が居ることが多いので、集中できないこともあります。集中できる環境に行くことをオススメします。

③風邪を引かない。

感染症に気をつけましょう。コロナのこともあります。受験生は、例年以上に、風邪を引かないように気をつけてください。

冬休みは寒くなりますし、乾燥するので風邪も引きやすくなります。

インフルエンザなどは予防注射もあります。予防注射を打つと、罹った際にも症状が重くならずにすみます。受験生の方は、予防注射を検討してみてはどうでしょうか。

体調を崩さずに、冬休みを過ごしましょう。

④メンタルを崩壊させない。

個人的に一番重要なことがこれだと思います。

冬休みとなると、本番直前です。多少、焦ったり、気分が不安定になるのは仕方がありません。しかし、受験勉強に手がつけられなくなるほど、メンタルを崩壊させるのは危険です。上手く息抜きをして、過ごしていきましょう。

散歩に行く、友達と話す、好きな音楽を聴く、などなど。

自分の気分を切り替えられる方法を使って、メンタルの大崩壊を防ぎましょう。

まとめ

selective focus photo of red fruits

受験生にとって冬休みは意外と短いものです。

その期間を崩れさせずに、上手く使って合格への道を歩んでください。

応援しています!

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。