Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医学部に入ってからの勉強量はどれくらいか知っていますか?

Campus Life
PR

この記事をお読みの方の中には、「医学部に入ってからの勉強量を知りたい」という方も少なからずいらっしゃると思います。

本日は、そんな方のために、医学部に入ってからの勉強量がどれくらいなのか分かるよう、解説していきます。

医学部に入ってからも、膨大な勉強時間が必要

医学部は日本の大学の中で偏差値が最も高く、優秀な学生たちの中でも成績がトップクラスの人たちが集まってきます。医学部に合格する受験生は偏差値は低くても60はあり、偏差値60ということは少なくとも受験生の中で上位約16%に属しているということです。

医学部に入学するためには、激しい受験戦争を勝ち抜くために、合格をつかみ取るほぼ全ての人が1日10時間以上もカリカリ勉強し続けます。寝ている時間と食事の時間以外はすべて勉強に費やすくらいの熱意と覚悟で、ハタから見ると異常な程の勉強量をこなすのです。

受験生達は医学部合格という希望に向かって頑張るのですが、合格したからといって勉強から解放されるわけではないのが医学部の恐ろしさです。最近の日本の風潮では、欧米と同じように「大学合格がゴールではない」と言われるようになってきましたが、医学部に関しては本当にそのテーゼが良く当てはまり、入学して息つく暇なく、医学部入学はスタート地点に立ったに過ぎないと身にしみて感じるはずです。

医学部に入ってからの勉強は、「座学を中心とした授業」「各種の実習」「大学の試験のための自主勉強」「国家試験のための勉強」に大別されますよ。

医学部入学後は、授業がフルで詰め込まれる日々

医学部のカリキュラムは座学と実習で構成されています。基本的に4年生までは座学中心で、5年生と6年生は実習が中心となります。

座学は、中学校や高校の授業と同じで机に座って先生の授業を聴くスタイルです。

基礎医学と臨床医学に別れていて、基礎医学は解剖学や生理学といった病気を理解するための基礎となる人体の構造や仕組みを学び、臨床医学は循環器や消化器など医療の現場で実際に患者の診療と治療を行うための勉強をします。

基礎医学も臨床医学も、分野ごとに必ずテストがあります。他の学部のように「最低何単位とればいい」というものではなく、どの単位も落とせません。一つでも落とせば留年となります。まずここに、医学部の進級や卒業のキツさがあり、医学部に入ってから上手く息抜きできずにメンタル的にやられてしまう人の原因があります。

実習は、実際に病院の中で、医師の後ろにくっついて手術を見学したり、患者を診察してカルテを書いたりします。病院の業務をこなしながら、卒業試験と国家試験の準備をする期間です。

それでは、4年生までの座学のキツさをお伝えしますね。それは、授業の多さと、授業後に求められる自主勉強時間(テスト対策勉強量)の多さです。

医学生の1日の勉強時間は、受験時代と同じかそれ以上あります。まず、授業数が半端なく多いです。一般に文系学部は、平均して1日2コマほどの授業で、1週間で見ても10~13コマ程度です。それが、医学部になりますと、月曜日から金曜日まで、いわゆる「フルコマ」で、9時から17時までミッチリ授業が詰め込まれるカリキュラムとなります。

小中学生の頃と同じぐらいの詰め込み具合です。そして、義務教育の時は一授業が50分でしたが、大学では量・質ともにハイレベルな講義が1コマ90分ですので、椅子に拘束される身体的・精神的なツラさや負担が増します。誰が腰痛を起こしても、おかしくない環境なのです。さらに、これはどの医学部でも同じ状況です。これは、とても重要なことです。医学部によって授業が少ないという事はありませんし、ことさらに授業の多い医学部を取り上げて言っているのではありませんよ。

また、授業が1限から5限まで詰め込まれていてフルコマなのは三年生からではなく、一年生からなのです。教養課程の段階から、月曜日から金曜日まで、9~17時の授業がみっちり詰め込まれているのです。

さらにやっかいなのが座学の合間に入ってくる実習です。

PR

この実習は病院実習のことではなく、解剖実習や生理学実習のような基礎医学に関連した実習のことです。例えば解剖実習では人体を解剖しながら座学で学んだ体の構造を実際に目で確認していきます。実習はシラバス上では座学と同じく17時までとなっているのですが、余裕で17時を超えます。夜の22時頃までかかることもあります。

実習は時間が長い上に、実習の数も異常なほど多いです。例えば二年生であれば、解剖実習が一週間に三回、その間に生理学実習や組織学実習が挟まり、一週間、実習尽くしになります。もちろん、実習だけではなくて座学もあります。

五年生、六年生は授業はなくなりますが、その代わりに一日中病院実習です。当たり前ですが病院実習に関してはまったくシラバスの時間通りではありません。働いているお医者さんと同じように朝7時からカンファレンスに出席したり、深夜まで手術を見学し続けることだってあります。

大学受験時代を上回るほどのテスト勉強時間

残念ながら医学部のテストは、授業をしっかり聴くだけでは乗り切れません。

大学で教壇に立つ教授は、大手予備校の講師たちのような「教えのプロフェッショナル」ではありません。教えるのが上手な教授たちばかりではないうえ、テストに出るポイントを教えてはくれたりはしないのです。

また、大学受験の物理や数学のように理論やセンスで解ける問題はありません。知っているか知っていないか、純粋な暗記勝負です。では、いったいどれくらい勉強すればいいのでしょうか。1日の自主勉強時間ですが、学年によって差があります。

多くの医学部で1年次は教養課程です。教養科目は正直なところそこまで勉強時間は取られません。テスト1日前に数時間やれば間に合う科目もあります。授業数は多いですが、放課後に自由な時間がある程度あります。

ところが、二年生以降で医学の勉強が本格化してくると、一気に勉強量が増えます。二年生以降が、一般大学生と比べて勉強量が異常に多くなるのです。

まず、二年生では基礎医学を学びます。基礎医学のテストはたいてい大型の休み明けにまとめてあり、テストの週とその前の週くらいは、朝から晩まで勉強漬けになることでしょう。東大・京大に合格する受験生は1日あたり平均して11時間の勉強をしていて、東大・京大以外の旧帝大や早慶に合格する受験生は1日当たり平均して8時間勉強しているという統計がありますが、医学生もテスト前になると1日8時間以上は余裕で勉強に費やすことになります。

三年生は、臨床医学です。大学によってカリキュラムは異なりますが、多くの大学で三年生は、だいたい二週間に一度テストがやってきます。二週間に一度テストがあるので、遊んでいる時間がないのはもちろんのことですが、なんとか息抜きの時間を作って体調を整えていく必要があります。

四年生は、国家試験の前哨戦であるCBTが終わりにあります。医学生の一つの山場です。CBTの範囲は、今まで習った基礎医学と臨床医学の全範囲です。また、受験者のほとんどが解く「クエスチョンバンク」という問題集が一冊800問で、全部で四冊あります。これを消化していき、知識が定着するまで繰り返し解くことになるのですから、これは大学受験勉強の比ではないと言われるのも納得できます。

五年生、六年生は授業はなくなって病院実習になります。授業はないのですが、CBTよりもさらに難しい国試と卒試が六年生の終わりにあります。国試の勉強量はCBTの数倍程度とも言われ、消化しなければならない問題集や参考書の量もCBTの比ではありません。さらに、授業がなくなって勉強を教えてくれる人がおらず、たいていの人は孤独さに耐えきれなかったり、モチベーションが下がって勉強効率や集中度が落ちてくるので、多くの人がMECやTECOMという映像授業を各自で申し込んで受講します。医者になる前の、この最後のステップが一番険しいのです。

医学部卒業後も続く勉強

国家試験に合格しても、まだゴールではありません。

国試に合格すれば、病院で研修医として働き始めることになるのですが、実際の臨床の現場に出てから使う知識は、国家試験の為の勉強で培った知識とはまた違います。

国試の知識が多ければ多少有利にはなりますが、新たに覚えなければならないことが大量にあるので、皆その時点で等しくスタートラインに立つことになります。そして、国家試験に受かって研修医として勤め始めて、ようやくスタートラインに立てるのですが、その一方で医者にゴールはありません。研修医期間の後には専門医になるための試験などもありますが、それもゴールではありません。

数年ごとに更新されるガイドライン、医学論文から得られる新たな知見など、常に情報をアップデートしていかなければなりません。また、「できるお医者さん」は、学会に参加して最新の研究から知識を吸収していることがほとんどです。医者の道を歩む以上、勉強が終わることはないのです。

PR

LINEで友達追加する

Dietrich

90,304 views

東京大学大学院修了。東京都出身。三多摩地域の自然をこよなく愛し、よくサイクリングを楽しむ。また大のドイツ通で、クラシック音楽鑑賞が趣味。英語とドイツ語とフラ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する