Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

私の医学部合格体験記①
〜東北医科薬科大学編〜

Exam Information
PR

みなさんこんにちは。寒くなってきましたね。

受験生の皆さんは本番まであと少し、気合を入れる時期ですね。

今回から、シリーズとして医学生の私が医学部を受験した時の感想や、各大学での思い出(笑)をお話ししていこうと思います。

お話しする大学の中に皆さんが受験される大学があれば、ぜひ事前情報として軽い気持ちで読んでもらえたら幸いです(笑)

ちなみに私が受験した大学は以下です。

岩手医科大学
金沢医科大学
杏林大学
東京女子医科大学
近畿大学
獨協医科大学
国際医療福祉大学
東北医科薬科大学  (ほぼ受験日程順に記載しています)

その中でも、今日は新設校の東北医科薬科大学を取り上げたいと思います。

受験会場はライブ会場!? 人の多さに圧倒されないように☆

まず受験会場が渋谷の大きな貸し会議室でした。大都会の渋谷駅は朝の通勤ラッシュでまっすぐ歩くことも困難です。そこからなんとか出口を探し、地上に出ることができましたが、そこからがまた大変だったんです。

なんと試験会場まで徒歩で約15分。

なんだそれだけか、と思った方もいるかと思いますが、道路が複雑で坂も多い渋谷で迷わずに進むのはとっても大変だったんです。ましてや行ったこともない場所でしたし、周りを見渡しても受験生らしき人があまり見当たらないんです。

どうにかして試験会場に着いたは良いものの、その場には1,000人を超す受験生がおり、自分の席を探すのも一苦労…

自分の席で休憩するためにも、時間に余裕を持って試験会場に向かいましょうね!

苦手科目とトイレとの戦い…

さて、入試が開始しました。

試験科目の合間にトイレにいくのは良いのですが、とーーーても行列ができます!女子なら尚更ですよね。

ここでのポイントですが、何分並ぶのかもわからないため、並ぶ時に参考書を持っていく人もいます。

PR

私は参考書が不衛生になるのが嫌で、持っていきませんでした。その代わり自分が覚えたいもの、覚えきれなかったものをスマホで写真に撮って、並んでいる間に眺めていました。この時間をどう使うかは皆さん次第ですので、事前に作戦を練っておきましょう!

さてさて、次は入試の苦手科目についてのお話です。

私は数学がかなり苦手で、この科目だけ他の教科よりも偏差値が10以上低かったんです。

入試本番も本当に解けませんでした。

でもそんな自分を冷静に見ている自分もいて

「まぁ、解けるとこ解ければいっか!」と開き直りました(笑)

そしたら後日、一次試験合格の吉報が✨

焦って解けない、ド忘れしてしまう。入試で100%の力を出し切りるなんて不可能に近いことです。

だからこそ、そんな自分を認めて今できることを少しずつ積み重ねて本番で90%, 95%の力が出るように日々を大切にしていきましょう(^^)

私の受験体験記は今後も続いていきます。

「こんな感じでも受かるんだ!」と少しでも皆さんの気持ちが楽になってもらえたら嬉しいです。

それでは次回をお楽しみに。。。。

 

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。