Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医学部教授の年収は1000万超え⁉︎ 気になる懐事情

Career
PR

医学部教授の年収は?

そもそも医学部教授って?

みなさんは医学部の教授に対してどのような印象を抱いていますか?ものすごい権力者とか、お金持ちとか、そういったことを思い浮かべるかもしれません。教授とは、医学部においては臨床や教育で指導的な立場にある人たちです。大学病院で勤務していれば誰でも教授になれるわけではなく、ほんの一握りの業績が優れた人たちだけが教授になります。そんな医学部の教授、果たしてどのくらい稼いでいるのでしょう?今回は医学部教授の懐事情に迫ります!

大学の給料だけでは大儲けできない!

一見華やかそうに見える教授ですが、実際のところ大学から出る給料はそこまで多くないようです。医学部の教授は全国に2500人ほどいると言われていますが、大学からの給料のみだと平均年収は900万円ほどだそうです。民間病院に勤務する教授と同年代くらいの医師は平均年収が1500万円ほどですし、民間病院に勤務する若手医師でも年収が1000万円を超えることは多いので、大学教授の給料は高くないということが言えるでしょう。どんなに苦労して教授になって大学に貢献したとしても、大学から多額の給料をもらうことはできないのです。ちなみに、学部長クラスでも平均年収は1000万円に届かず、学長にまで上り詰めたとしても1250万円ほどしか大学からはもらえません。

国公立と私立とで違いは?

では、国公立大学と私立大学では医学部教授の年収に差はあるのでしょうか。国立大学では、どの大学でもどの学部でも教授の給料はほぼ変わらず、40代の教授の場合820〜950万円程度だそうです。私立大学は大学によってだいぶ差があるようで、800〜1200万円ほど。私立の場合は経営母体の経済力によるところも大きいでしょう。いずれにしても、教授職はそこまで稼げるものでもなさそうです。

 

副業で稼ぐ人も!

大学外でも仕事がたくさん!

ここまで見てきて、案外医学部の教授は大学からお金をもらっていないことがわかりました。しかし、世間のイメージでは教授は華やかな生活をしているようにも思えます。それは、大学の給料以外の収入があるためです。具体的には、アルバイト診療の報酬、講演料、原稿料、謝礼金などです。

大学病院に勤務している医師は、大学からの給料だけでは生活が成り立たないため大学医局が用意したアルバイト先で診療をすることが多くあります。教授であっても例外ではなく、大学の関係先などでアルバイト診療をします。アルバイト診療の報酬はかなり高いらしく、1日で10万円以上稼ぐことも可能だそうです。

また、教授であれば製薬会社などから講演や執筆を依頼されることも多くあります。その際の報酬も1回あたり10万円以上であったりと、かなりお金がもらえるようです。有名人になればメディアへの出演もありますし、監修などを依頼されることも増えるでしょう。

さらに、医局員が結婚する際に仲人を勤めて謝礼をもらったり、学位を取る際の謝礼をもらったりと、非公式な収入もあるようです。しかし、副業に関しては国立大学では制約が多いこともあるようです。自由に講演料や原稿料をもらうことができないケースもあるようです。

ちなみに、上皇陛下の心臓のバイパス手術を執刀された順天堂大学の天野教授は、年間所得が5000万円を超えるとインタビューで述べています。そのレベルの有名教授になると外部からのオファーもかなり多いのでしょう。そこまでの有名人でなくても、教授であればアルバイト診療を含め食うには困らないことでしょう。年収2000万円くらいにはなるようです。

PR

教授は他の医師より稼いでいるのか?

しかし、教授は他の一般的な医師より稼いでいると言えるのでしょうか?先ほど述べた通り、大学病院に勤務する多くの医師はアルバイト診療をしています。また、大学病院以外の病院で勤務している医師は大学病院にいるよりも高い給料をもらっていることが多いです。実際、全年代の医師の平均年収は1400万円前後だそうです。これは医学部教授の平均年収よりも高いことになります。民間病院で働く若手医師が大学病院の老教授よりも高給を貰っているなんてこともあるでしょう。もちろん科や地域によってどのくらい稼げるかは変わってきますし、働き方にもよります。教授になるには長い医師経験が求められますし、望んでなれるわけではないので、もし華やかさや高収入に憧れて教授を目指す人がいるのであればそれはナンセンスかもしれません。

教授はお金じゃない!

こう見ると、医学部の教授は激務で大変な道のりを経ているにもかかわらず金銭面ではあまり良い思いをできていないように感じます。しかし、お金目当てで教授職を務めている人はほとんどいないはずです。患者さんのため、世の中のために貢献したいという思いで真摯に臨床や研究に取り組まれ、実績を残されてきた方しか教授にはなれません。どんなに優秀でもタイミング次第では教授になれませんし、学生や若手を教育しようという熱意がないとつとまらないでしょう。とてもお金欲しさにできるものではありません。医学部の教授が思ったよりも華やかではないことを知ると、教授に対する見方も変わってくるかもしれませんね。

PR

LINEで友達追加する

Shotaro Hirata

1,010 views

東京慈恵会医科大学で日々奮闘している医学生ライター。 横浜の聖光学院高校を卒業後、東京慈恵会医科大学に現役合格。数学が得意ではなかったが、得意科目の英語の成...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する