Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

受験生でも定期テストの勉強はするべき?現役合格生が考察!

Exam Information
PR

高校の定期テストでは場合によっては受験に必要のない科目も受けなくてはなりません。

受験勉強に専念したい一方で学校の定期テストの勉強にも力を入れた方がいいのか迷う方もいらっしゃると思います。

ここでは受験生でも定期テストの勉強をするべきかについて考えてみました!

定期テストの勉強をやるべき場合

大学受験で学校の評定が合否にかかわる場合

指定校推薦や総合型選抜を受ける場合は学校の評定が合否にかかわるため定期テストの勉強が必要です。全ての科目において満遍なく高得点を取ることが求められることもありますので得意不得意や好き嫌いにかかわらず定期テスト対策を万全にする必要があります。また学校によっては普段の授業態度が内申点に加味されることもありますので、そういった学校の方は内職なども控えた方がよいでしょう。

学校が大学受験に力を入れている場合

大学受験に力を入れている学校では定期テストの問題も大学受験に焦点を当てて作成されていることがあります。そのような場合は定期テスト対策がそのまま受験対策になりますので受験勉強の一環として定期テスト対策はやるべきです。模試に加えて定期テストでも自分の今の実力をはかることができますし、短期的な目標を立てるのにも役に立ちます。また出題範囲が限定されているうちはその範囲に絞って勉強することで深く勉強することができますし、何から手を付ければいいのかが分かるため勉強の計画を立てやすくなります。学校で配布された授業プリントが受験に役立つこともありますので定期テスト対策(授業の復習)が受験勉強につながります。

追試や補習がある場合

受験までの限られた時間の中で、受験に必要のない科目の追試や補習授業を受ける時間はとても無駄です。私は家庭科の補習にかかったことがありますが、とても無駄な時間を過ごしてしまったなと当時は思いました(今となってはいい思い出です笑)。また私の高校はなぜか音楽の筆記試験がやたらと難しく、追試にかかる人が多かったのでみんな力を入れて勉強していました。できれば定期試験は一発でクリアし、受験勉強に専念できる時間を増やした方がよいです。

短期集中の暗記ができない場合

受験に必要のない暗記科目は最悪一夜漬けでも乗り切れます。しかし一夜漬けができない人、数日の勉強では間に合わない人は普段の受験勉強と並行して定期テストの勉強を進めた方が安心です。受験に必要のない科目でも受験勉強の合間に挟んで取り組むことで気分転換になるというメリットもあります。

進級・卒業が危うい場合

大学に合格しても高校を卒業できなければ大学に入学することはできません。進級や卒業が危うい場合は受験勉強よりもまず定期テストをクリアしましょう。受験に必要のない科目だからといって全く勉強しないと点数は取れません。そのような科目はレポートや追試など救済措置が取られることも考えられますが、余計な負担を増やさないためにも最低限の点数は取ってスムーズに進級・卒業しましょう。

定期テストの勉強をやらなくていい場合

進級・卒業が余裕な場合

高校は最低限の成績を取って進級・卒業できれば大学受験には影響はありませんので留年の心配がない場合は定期テストの勉強はせずに受験勉強に集中して構いません。

PR

定期テストの勉強をやらなくていい場合は正直これに尽きます。基本的にはどんな勉強もやっておくに越したことはありません。塾の先生が定期テストの勉強でひーひー言うのはダサいよと言っていたのをよく覚えていますが、受験を勝ち抜く人は定期テスト程度の勉強は余裕でクリアしなくてはならないということでしょうか(そんなことを言われるということはみんな両立に苦労していたってことですね)。

そこでここからは受験勉強と定期テストの勉強を両立させるポイントをいくつかご紹介します。

受験勉強と定期テストの勉強を両立させるポイント

授業中に頭に入れてしまう

受験に使わない科目の授業中は内職をする人が多いですが、定期テストのために後でまた勉強し直すのは効率が悪いです。そのような科目は授業中にインプットし、授業を聞きながらもしくは休み時間に軽く復習することで定期テストを乗り越えるだけの勉強は終えることができます。

すきま時間を有効活用する

通学時間や休み時間など1日を振り返ってみるとかなりのすきま時間があることに気付きます。定期テストの勉強は家でじっくりやるのではなくそのようなすきま時間に少しずつ進めることでまとまった時間は受験勉強に費やすことができます。

定期テストの勉強を受験勉強の息抜きにする

先ほども少し触れましたが、受験勉強に疲れたときや飽きてきたときは定期テストの勉強を息抜きとして間に挟むとよい気分転換になります。特に受験に使わない科目は気楽に勉強できますし、教養と思って取り組んでみると案外面白かったりします。受験勉強を長く続けるためにはメリハリをつけることが大切です。普段はゲームなど他の娯楽を息抜きにするのもよいですが、定期テスト前は息抜きを軽い科目の勉強に置き換えるのがおすすめです。

定期テストの勉強は一夜漬けする

徹夜で勉強することは全くおすすめしませんが、生活リズムをすぐに元に戻せる自信がある場合は一夜漬けしてもよいでしょう。私は受験に使わない暗記科目は一夜漬けすることも多々ありました。長い目で見ればもったいない勉強法ですが、目の前の定期テストを乗り切るだけなら一夜漬けはある意味効率の良い勉強法といえます。徹夜で勉強することのメリットとデメリットは以下の記事でご紹介しましたので参考にしてください。

受験勉強をメインに進めるのがおすすめ!

受験勉強と定期テストの勉強を両立させるポイントを読んでいただくとわかる通り、受験生は受験勉強をメインに勉強を進めるのがおすすめです。数学や英語などメジャーな科目は受験勉強をしっかりとやっていれば定期テストもカバーできます。受験に必要のない科目は最低限の点数が取れれば構いません。とはいえ学校の定期テストで悪い点数ばかり取ってしまうと自信がなくなりモチベーションが下がる原因にもなりますので、定期テストの1ヶ月~2週間前あたりからは定期テストの範囲を重点的にやるというように勉強のポイントをシフトさせるとよいでしょう。

PR

LINEで友達追加する

kyoka

16,508 views

都内の医学部医学科の大学生。東京都出身。趣味は散歩で昨年は山手線徒歩一周を達成。カフェ巡りとパン屋巡りも趣味で今まで訪れた店舗は優に100を超える。弓道弐段...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する