Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

【合格に繋がる入試情報】全国の医学部の数はいくつ?

Exam Information
PR

全国の医学部の数

小中学生の人は、「漠然と医者になりたい」と思うことでしょうし、まだ高校1年生の方は、「医学部に入りたいけど、まだ何となくで、詳しいことは分からないから、これから情報収集だ」という状態である人も多いでしょう。

社会人の方で医学部を再受験しようかと迷っている方も、まだ医学部について知りたいことはたくさんあるのでないでしょうか。

でも、まず医学部を知るには、日本全国で、いったいいくつの医学部があるかを知ることからですよね。自分が入りたいなと思っている医学部が、もしくは多かれ少なかれ関心のある医学部が、どれくらいの数だけあるかを知ることは、意外と重要だと思います。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」と言う通りです。

本日は、全国に医学部がいくつあるのか、そして国立、公立、私立に分けてみるとどうなのかをご説明します。

日本国内の医学部の数は、全部で82大学あります。

私立の医学部の数と定員

私立大学医学部は、全部で31大学あります。

そして、その31大学の入学定員をすべて合わせると、3663人となります。

〈出典と、細かい数字はコチラ〉
「文部科学省 医学部医学科の入学定員」
https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2019/08/30/1325992_001.pdf

PR

国公立の医学部の数と定員

それに対し、国立大学が42大学、公立大学が8大学あります。

そして、文部科学省の管轄外である防衛医科大学校が1つあります。防衛医科大学校は、文科省が管轄していないため、上記の「文部科学省 医学部医学科の入学定員」には含まれていないのですね。

そして国立大学の医学部の定員は4923人、公立大学の医学部の定員は844人となっていますよ。

上記の数字だけを見て、国立大学医学部と私立大学医学部を比べると、国立大学のほうが数も多く入学定員も多いのですが、国公立大学は前期・後期で1つずつしか受けられないという、かなり厳しいハードルがあります。

それに対して、私立は簡単かと言うと、医学部の場合はそうはいかなくて、現役の時は国公立を狙っていた私立専願の多浪生が10大学以上も受験することもあれば、国公立大学を第1志望としている人が「滑り止め」でたくさん受けたりするので、ハードルはもっと高くなるのです。

また、昔の時代と違って、私立大学医学部の最低偏差値がかなり上がっており、最も簡単な医学部でも、早慶の理系学部と同じくらいの偏差値ですから、留意しておきましょう。

医学部の場合、国公立大学の倍率は平均して10倍ほど、私立大学の倍率は平均して20倍ほどと言われていますから、医学部受験を考えている人や、医学部を受けようか迷っている人は、目安となる基準の数字として頭の中に入れておくとよいでしょう。

 

PR

Dietrich

35,430 views

東京大学大学院修了。三多摩地域の自然をこよなく愛し、よくサイクリングを楽しむ。また大のドイツ通で、クラシック音楽鑑賞が趣味。英語とドイツ語の勉強も趣味。嫌煙...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。