Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

大学生のバイト事情!平均何時間?出勤回数や月収も徹底調査

Campus Life
PR

大学生ってどんな風にバイトしているの?
平均どれくらい働いているの?
大学生のバイトの実態を知りたくありませんか。
今回は、大学生のバイトの実態について調べてみました。

1. アルバイトをやっている割合

そもそも大学生はどれくらいの割合でアルバイトをしているのでしょうか。

2020年4~9月での、アルバイト就労率は72.4%でした。

ほとんどの大学生はアルバイトをしているようです。

学年別にみたものをグラフにしました。

2020年4~9月にアルバイトをした大学生

1年 2年 3年 4年
半年間にアルバイトをした割合 59.1% 79.5% 80.0% 73.6%

(全国大学生協連「第56回学生生活実態調査の概要報告」より作成)

ちょうど2020年4~9月は緊急事態宣言が発令されており、大学1年生が新しくアルバイトを見つけるのは難しかったかもしれません。

また、大学4年生もアルバイトをしている割合は他の学年より低いですね。

結論:大学生の70~80%はアルバイトをしている。

2. 平均の働いている時間

Employee, Restaurant, Shanghai, Chinese, Employer

1週間に大学生がアルバイトに使う時間は、平均8~9時間のようです。

大学1年生から4年生までの、バイトに使っている時間のグラフを作ってみました。

大学生が1週間にアルバイト・定職に使った時間(2016年)

アルバイト・定職の平均活動時間
1年 8.4
2年 9.8
3年 9.9
4年 9.8
5年 3.4

(文部科学省国立教育政策研究所「大学生の学習実態に関する調査研究について(概要)」より作成)
1年生は他の学年より1時間ほど、アルバイトに使う時間が少ないようですね。
1年生のうちは、大学に慣れるのを優先して、アルバイトをしていない学生が多いのかもしれません。

また、大学によっては1年生のうちにアルバイトをすることを推奨しない大学もあります。
私が通っている大学では、1年生のうちはアルバイトをせず、学業を優先するように呼びかけられていました。

結論:週に平均8~9時間、アルバイトをしている。

3. 平均出勤日数

では、週に何回ほど出勤しているのでしょうか。
マイナビが行った、「大学生のアルバイト実態調査(2021年)」によると、
大学がある期間の平均出勤日数は、2.9日です。

現在アルバイトをしている大学生が、学期中の出勤日数別にどれくらいいるかグラフを作ってみました。

現在就業中の大学生の出勤日数別の割合(学期中・2021年)

(マイナビ「大学生のアルバイト実態調査(2021年)」より作成)

学期中に週3日働いている学生が36.5%と最も多いのがわかります。次は、週2日の30.4%、週4日の16.6%と続きます。

大体、週2~3日ほど働いているようです。

PR

では、長期休みの間はどうなるのか。
マイナビの調査によると、長期休み期間の平均アルバイト日数は3.5日だそうです。
長期休みになると、週3~4日働く学生が62.2%となります。

結論:学期中は週2~3日、長期休みは週3~4日働く学生が多い。

4. 平均月収

Piggy, Bank, Money, Finance, Business, Banking

では、調査から見える大学生の平均月給について紹介します。

第56回学生生活実態調査によると、
2020年の自宅生のアルバイトによる収入は、37680円
下宿生のアルバイトによる収入は、26360円です。
大体2万円後半から3万円後半のようです。
コロナの影響か、収入は2019年度より減っていました。

2010年から2020年の大学生のアルバイト収入を、自宅生と下宿生に分けてグラフにしました。

(全国大学生協連「第56回学生生活実態調査の概要報告」より作成)

自宅生の方が、アルバイト収入が多いようですね。
また、アルバイト収入が年々上がっていることもわかります。

これは、最低賃金の引き上げの影響があるかもしれません。
東京都でみると、2012年の最低賃金は850円ですが、2021年からは1041円となっています。なんと、ここ10年で200円近く上がっています。

また、コロナの影響を大きく受けていることもわかります。
2011年から下がったことがなかったアルバイト収入は、2019年から2020年にかけて大きく下がっています。

アルバイトは特にコロナの影響を受けやすいと思います。私のアルバイト先でも、正社員はリモートで働くことができましたが、バイトはリモートワークができませんでした。また、密を避けるために、出勤人数を減らし、結果として減収となりました。
コロナ下の大学生は、アルバイトで稼ぐの難しい状況にあるようです。

結論:大学生が1ヶ月にアルバイトで稼ぐお金の平均は2万円後半から3万円

5. 平均何種類のアルバイトをしているか。

では、どれくらいの種類のアルバイトをみなさんはしているのでしょうか。
マイナビの「大学生のアルバイト実態調査(2021年)」によると、
入学してから今まで大学4年生が経験したアルバイトの社数は、平均2.9社です。

多くの人が複数のアルバイトを経験しているみたいですね。

結論:入学から4年生になるまで平均2.9社のアルバイトを経験する。

6. アルバイトの働き方

では、周りで聞いたアルバイトでの働き方について書いてみますね。

・塾の受付として週2~3日働いていた。加えて、ケンタッキーでも月に2回程度働いていた。

・コンサートホールの受付として土日に働いていた。

・パン屋で週1回程度働いていた。

・コンクールの集計を手伝う短期バイトをしていた。

色んな働き方がありますね。

まとめ

Startup, Girls, Women, Laptop, Office, Working, Team

大学生のうちに様々なアルバイトを体験するのも楽しいですよね。

大学生のアルバイトについて参考になったでしょうか。

みなさんが素敵な大学生活を送ることを願っています。

PR
LINEで友達追加する

橋本翼

5,083 views

東京都三鷹市の大学に通う4年生。専攻は宗教と哲学。根っからの文系だが、国立大学を志望したため受験時代は数学に苦しんだ。最近はまっていることはKpopアイドル...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する