Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医学部に1年で合格する方法とスケジュール

Exam Information
PR

医学部に1年で合格する方法とスケジュール

社会人などで事情があり、「1年しか勉強できる時間はないけれど、医学部に行きたい」という方も、中にはいらっしゃると思います。

あるいは、社会人でなくても、もうすでに何浪かしているから、あと1年で医学部に入って医学(医師)の道を歩みたいという方も、いらっしゃると思います。

今回は、そんな人たちのために、医学部に1年で合格する方法やスケジュールを紹介します。

医学部は1年で合格できる

そもそも、「医学部は、1年で合格できるものなのだろうか」と疑念をお持ちの方も、きっと少なくないのでは、と思います。

医学部と言えば、倍率の高さ、難しい問題、科目数の多さ、そして合格点の高さなどをイメージするものだと思います。

でも、結論から言いますと、無駄なく、効率的に学習を進めれば、1年で医学部に合格することは可能です。

その際、模試などで現在位置をしっかりと把握し、「ゴールから逆算した最短距離」を進んでいくことが欠かせません。

基礎を固める

そして、もう1つ大事なことが、「受験する全科目の基礎を固める」ことです。

「基礎が固まっている」とはどういう状況かというと、「問題集の解説を読んで納得しただけ」「公式や解法を丸暗記もしくは鵜呑(うの)みにしただけ」ではなく、共通テストを受けて確実に9割の得点ができる状態のことです。

他人に説明できるくらい一つ一つの項目を深く理解していて、また「分かった」だけでなく「実際に手を動かして解ける」状態まで進んでいて、かつ入試本番の異常な緊張下でも確実かつスピーディに解けるくらい問題慣れしている状態だと言えます。

また、苦手科目があれば、言うまでもなく潰しておく必要があります。

PR

実際、難関と言われる国公立大学でも、大都市圏内や旧帝大を除けば、共通テストで9割以上の得点で、確実にほぼどこにでも出願できます。

また、私立大学医学部であれば、共通テスト利用入試で、英数理で9割得点できれば、ほぼ確実に合格できるといった医学部もあります。

効率よく勉強するにはこの方法

よく言われることですが、9割の得点を目指すためには、「ミスが許されない」という原則が挙げられます。

受験するすべての科目において、最初からケアレスミスや計算ミスをなくすつもりで問題集に取り組みましょう。

また、得意教科に時間を割きすぎたり、苦手教科に注ぐエネルギーが不十分であるなど、科目間のバランスが取れていないと、全科目で共通テスト9割以上を達成するのは難しくなります。

今まで通っていた(通っている)高校や塾のカリキュラム、およびそこで使っていた参考書の影響で、バランスよく実力をつけていくのが難しく、結果的にムダが多くて失敗していく受験生が多いのです。

その一つに、「基礎が固まっていないのに、高度な問題集を買って、手を付けてしまう」ことも挙げられます。

上述のようなことを防ぐため、初めのうちは、問題集は1冊ずつ取り組むのがオススメです。ただし、英単語、英文法、計算問題の参考書(問題集)は、毎日取り組んでください。

そして、受験直前の総復習期に入ったら、すべての科目を並行して復習しましょう。

参考までに、浪人生(高卒生)の学習スケジュールを示しておくと、以下のようになります。

・4月~7月は、英数理の基礎問題集の習得
・8月~12月は、基礎問題集の総復習
・9月 2次試験の過去問を解き始める
・10月 国語と社会の勉強を始める(国公立の受験者)
・11月 共通テスト(センター)の過去問を解き始める
・1月~2月は、全教科総復習

 

PR

Dietrich

30,288 views

東京大学大学院修了。三多摩地域の自然をこよなく愛し、よくサイクリングを楽しむ。また大のドイツ通で、クラシック音楽鑑賞が趣味。英語とドイツ語の勉強も趣味。嫌煙...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。