Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark
  • HOME
  • 記事
  • Campus Life
  • コロナでサークルに入らない大学生が激増!サークルに入らない大学生活とは?

コロナでサークルに入らない大学生が激増!サークルに入らない大学生活とは?

Campus Life
PR

大学生活といえばサークル活動。

ほとんどの大学生はサークルに入っていると言われていますよね。

大学生のサークルは入らなくても問題ないのでしょうか。

一方で、コロナでサークルに入らない大学生が増えたという情報もあります

今回は、大学でサークルに入らないという選択肢について、解説します。

 

1.コロナでサークルに入る学生が激減!

Call, At Home, Stay, Contact Lock, Contact Ban

みなさん、大学生といえばサークルに入っているイメージがありますよね。

私の周りでも、1回もサークルに入ったことがない学生は少ない印象です。

 

しかし、コロナによって大学生のサークル所属率は大きく減りました。

コロナ前、2019年の調査では、大学1年生でサークルに所属している割合は、82.8%

ほとんどの1年生は、サークルに所属していたことがわかります。

しかしコロナ後、2020年の調査では、大学1年生で現在サークルに所属している割合は、48.7%です。

なんと、4割近く下がっています。

コロナが流行しているなか、サークルに所属する学生は減っています。

 

一方で、現在は所属していないが、これからサークルに入るつもりがある1年生の割合は、36.5%です。

今は入っていなくても、サークルに興味がある学生は多いようですね。

コロナが収まれば、サークルに後から入る新入生が増えるかもしれません。

2.サークル活動に参加していない学生は意外と多い?

Cornell University, Library, Shelves, Books, Interior

1年生のときに、サークルに入っている学生が多いことがわかりました。

しかし、学年が上がるにつれてサークルに所属していない人は増えていきます。

 

学生生活実態調査(2019年)によると、

サークルに以前所属していたが、今はやめている割合は、

1年生 4.7%
2年生  14.4%
3年生 25.7%
4年生 39.4%

 

高学年になるに従って、どんどん増えていきます。

1年生の段階では、サークルに入っていないと変わり者と見られるかもしれません。

しかし、3,4年生になると全体の4~5割くらいはサークルに入っていません。

 

また、所属していても大学生のサークルには幽霊部員も多いです。

「それ本当にサークルで活動していると言えるのか?」という人もかなり存在します。

例を出すと、、、

・サークルに入っていても、普段の活動に顔を出さない。

・飲み会にだけ現れる。

・サークルのライングループには名前があるが、1回も会ったことがない。

・留学していて休止中。などなど。

実態を考えると、サークルに入っていない大学生は意外と多いかもしれません。

3.サークルに入らないメリット。

これからサークルに入らないメリットとデメリットを紹介します。

まず、サークルに入らないメリットを3つ紹介します。

①時間ができる

サークルにもよりますが、やはりサークルに入ると、ある程度時間が取られます。週1回は集まって、活動するサークルがほとんどでしょう。

PR

サークルに入らないと、時間に余裕が生まれます。そのため、自分の好きなことや、やりたいことに集中できます。

例えば、

・インターンをする。

・大学の勉強に集中する。

・資格の取得をする。

・英語の勉強をする。

時間に余裕があるからこそできることはたくさんあります。

②お金がかからない。

サークル活動をしていると、お金がかかります。

新歓では後輩に奢る必要がありますし、飲み会がたくさんあるサークルだと、飲み代もかかります。

定期演奏会があるサークルだと、演奏会1回あたり2~3万円かかる場合もあります。

サークルに入らないと、出費が減るでしょう。

③サークルの人間関係に悩まずにすむ。

サークルの人間関係に悩まずにすみます。

やはり様々な人が一緒になって、何かをしようとする訳ですから、人間関係のトラブルは起きます。

そこで拗れると、大変なことになったりします。

入らないと、人間関係で悩むことは少ないかもしれません。

4.サークルに入らないデメリット

People, Students, University, Campus, Classmates

サークルに入らないデメリットを3つ紹介します。

①先輩から情報がもらえない。

サークルに入ると、同学年だけでなく、先輩とも仲良くなります。

そうすると、大学の授業や先生について知ることができます。

 

私の所属していたサークルではありませんでしたが、代々過去問が受け継がれているサークルもあるようです。

サークルで過去問を入手して、勉強する学生は多いのではないでしょうか。

また、先生や授業の様子も聞くことができます。例えば、要注意の先生を知れたり、成績の付け方が厳しい授業を教えてくれたりします。

先輩から情報が得られないことは、サークルに入らないデメリットでしょう。

②就職活動で話すエピソードがない。

就職活動では、学生時代に頑張ったことは何かと聞かれることが多いです。

その際、サークルや部活でのエピソードを話す学生もいます。

サークルに入っていないと、特に話すことがない場合もあります。

③大学生活の充実度が下がる。

サークルに入っていないと、大学生活の充実度が下がるかもしれません。

2019年の学生生活実態調査で、大学生活が充実していると回答した割合は、

現在所属している 92.0%
以前所属していたが今はやめている 84.5%
現在所属していないが今後入るつもり  76.5%
所属したことがない・今後も入らない  77.4%

という結果でした。

大学生活が充実していると回答した割合が高いのは、サークルに現在所属している学生だということがわかります。

サークルに入っていないと、大学生活の充実度が下がるかもしれません。

まとめ

今回は、大学のサークルに入らないという選択肢について解説しました。

サークルに入るのも、入らないのもあなた次第。

選択肢の多い大学生活をお楽しみください。

参考:「第56回学生生活実態調査の概要報告 速報

PR
LINEで友達追加する

橋本翼

4,930 views

東京都三鷹市の大学に通う4年生。専攻は宗教と哲学。根っからの文系だが、国立大学を志望したため受験時代は数学に苦しんだ。最近はまっていることはKpopアイドル...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する