Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医学部と薬学部はどちらに行けばいい?
それぞれの違いを解説!

Exam Information
PR

医療系の学部に行きたいと考えた時、まず選択肢に上がってくるのが医学部に薬学部、看護学部など。
中でも、「病気の人を治したい」という志望動機から医療系を目指す場合、迷ってしまうのが医学部と薬学部なのではないでしょうか。

「どっちも病気を治すんだよね?」「同じ医療系だけど、何が違うの?」と考えてしまいますよね。

今記事では、医学部と薬学部の違いについて説明します。

・医学部と薬学部の差について
・医学部志望を薬学部志望に変更するのってあり?

 

医学部と薬学部で迷っている人は参考にしてみてくださいね!

 

医学部と薬学部では何を学ぶの?

 

簡単に2つの学部を説明すると、以下のようになります。

・医学部=人体の構造や機能について学び、病気の診断方法や治療方法を学ぶ
・薬学部=薬の働きや構造、薬剤に関する制度や法律などを学ぶ

どちらも「人の体を治す」ことについて学びますが、医学部では人体サイドから、薬学部では薬を中心として勉強する点に違いがあります。
病気そのものを研究したいのなら医学部に、病気を治す薬を研究したいのであれば薬学部に進むといいでしょう。

 

もちろん医学部でも薬については学びますし、薬学部でも人体の構造については学びます。
しかしどちらもその勉強がメインではないため、概論を学ぶだけになるでしょう。

 

医学部と薬学部で学ぶ内容の差については、以下のインタビューも参考にしてみてくださいね!

 

医学部と薬学部のカリキュラムの違い

医学部と薬学部ではカリキュラムも違います。
学校によっても違いますが、それぞれの標準的な例を見てみましょう。

《医学部》
・1〜2年次:一般教養(哲学や生命倫理など)
・2〜3年次:基礎医学(解剖学・免疫学・薬理学など)
・3〜4年次:臨床医学(循環器・消化器・呼吸器など)
(実習前にCBT・OSCE(共用試験))
・5〜6年次:臨床実習

医学部は「モデル・コア・カリキュラム」という共通カリキュラムが文部科学省によって制定されているため、どの大学でも3分の2程度は同じ授業になります。

 

1年時はだいたい一般教養がありますが、大学によってはモチベーション維持のために体験実習などがあるところも。
「医学部の授業」としてイメージされがちな解剖実習は、大体2年時に行われていますよ。

 

また、2021年度から実習後に「臨床実習後客観的能力試験(Post-CC OSCE)」が導入されます。
Post-CC OSCEとは、実際に模擬的な診療を行うことで、医学生に臨床的な医療面接技術や診察技術があるかどうかをみるもので、医師国家試験で実技試験も行うことについての準備的な試みとされています。

 

《薬学部》
・1年次:一般教養
・2〜3年次:薬学基礎(数学や化学など)・化学系薬学・生物系薬学など
・4年次:実務前実習など(4年制は卒業研究)
(実習前にCBT・OSCE(共用試験))
・5年次:実習
・6年次:卒業研究

薬学部も医学部と同様「モデル・コア・カリキュラム」があるため、どの学校に行っても3分の2は同じ授業になります。
教養試験や実習もあり、動物のために土日も学校に行ったりと大変な学部です。

 

4年制薬学部は「生命創薬科」「薬科学科」などと称されることが多く、主に薬学研究者育成を目的とした学科、6年制薬学部は薬剤師育成を目的とした学科と目的が異なっています。

 

薬学研究者って将来どんな職業につくの?と思った人はこちらも参照してみてください!

 

医学部と薬学部、偏差値や学費はどれくらい違う?

 

医学部と薬学部の内容の違いがわかったら、次に気になるのは「難易度の差」ですよね。
偏差値・学費・入試科目についても比較してみました。

医学部 薬学部
偏差値(ボーダー) 60〜72.5 〜65.0
学費(トータル・国公立) 350万程度 350万程度

(4年制:250万程度)

学費(トータル・私立) 2000万〜4000万程度 1200万〜1400万程度

(4年制:700万〜750万)

入試科目 英語

数学(ⅠAⅡB

理科(化・生・物から2つ)

英語

数学(ⅠAⅡB)

化学

(偏差値参考:医進塾みんなの大学情報

医学部より薬学部のほうが偏差値が低いため、一般的には薬学部のほうが入試は簡単でしょう。
しかし、それでもその他の学部学科よりは高いため、簡単には合格できません。

 

学費は国公立の場合、差はありません。
これは文部科学省によって国立大学の学費は標準額が定められているためです。

PR

ただし、県外者や市外者の入学費を高額にしている場合もありますし、標準額の120%までは増額が認められているため、実際は学校ごとに必要な学費は少しずつ異なります。
また、実験や実習にかかる費用や教科書代などは別なので、実際にはもっとお金が必要になるでしょう。

 

私立の場合は、医学部と薬学部ではかなり学費の差が大きくなります。
学校にもよりますが、医学部と薬学部では1000万〜2000万円ほどの差が出ることも。

一見「薬学部ってリーズナブル!」と思えてしまいますが、私立理系は4年間で550万円程度の学費。
薬学部の学費も、その他の学部から見ればかなり高い部類になります。

 

学費を少しでも安くしたい、奨学金制度の利用を検討したい人はこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

 

気になる入試科目は、学校にもよりますが薬学部では「数学Ⅲ」が課されない・理科が化学1科目でいいところが多いという違いがあります。

数学はかなり負担の重い科目ですし、理科が1科目減るのは勉強する上で嬉しいですよね。

 

医学部が無理だから薬学部……はあり?

 

薬学部のほうが偏差値は低く、学費も安く、受験科目も少ない。
どっちも同じ医療系だし、資格職だし。

となると、「もう勉強なんて嫌だ〜!」と思った医学部志望の人が、「偏差値も低くなるし受験科目も減るし……同じ医療系だし……もう薬学部に志望校変更しようかな」と思ってしまうのも自然な心の動きかもしれません。

 

ですが、安易に医学部から薬学部に志望を変更するのはおすすめできません。

 

もちろん、あなたが「医師になって直接患者さんの病気を治したい。でも、製薬会社で新しい薬を開発することにも同じくらい興味がある」と思うのならまったく問題ありません。

 

ただ単に「医者になれないから、薬剤師でいいや」と妥協して薬学部に行くのは慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

医学部ほどではありませんが、薬学部もとても勉強が大変な学部です。
興味もない分野、そしてなりたいものでもない資格のために勉強を頑張るのは、とても大変なもの。
薬剤師、あるいは薬学研究者になることに前向きになれないとかなり辛いでしょう。

 

また、薬剤師や薬学部卒のキャリアを生かして仕事をする場合、調剤薬局やMRなど、医師の近くで働くことが多くなります。
吹っ切れて前向きになれていればいいですが、「本当は私も……」という劣等感や嫉妬心を医師に対して抱くようであれば、仕事も苦しいものになってしまうかもしれません。

 

そして何より、本気で薬剤師になりたくて薬学部に入学した人に失礼です。

 

学費の関係であったり、浪人が難しいなどの環境であったり、年齢的な理由であったり……様々な理由から医学部を諦めざるを得ない場面もあるでしょう。

 

しかしそのとき、安易に薬学部や看護学部など医療系の学部に進んでしまうと、割り切れていない場合つらい思いをすることになるかもしれません。
どうしても医療系の夢を諦められない、というのであれば農学部などバイオサイエンス系の学科や、医工学系の学部に進んだりという選択肢もあります。

 

志望校変更が頭をよぎったなら、医療系とは違う学部も含めて、ゆっくり考えてみてくださいね。

 

こちらのインタビューも読んでみてください!お父さんの言葉が刺さりますよ。

 

医学部と薬学部、自分に合った学部を選ぼう

 

 

医学部と薬学部は、「病気を治す勉強をする」という点では共通点があっても、それぞれウエイトを置く場所が違う学部でした。

・医学部=人体の構造や機能・病気の診断方法や治療方法を学ぶ所
・薬学部=薬の働きや構造などを学ぶ所

医学部に比べ、薬学部のほうが偏差値も低めで薬学部のほうが学費も安く、受験科目も少なめ。
ですが、同じ医療系だからと安易な気持ちで志望変更してしまうと、後悔してしまうかもしれません。

 

医学部と薬学部ではカリキュラムも違いますし、就ける職業ももちろん違います。

 

もし医学部を諦めるのであれば、薬学や看護以外の学部学科も検討するといいでしょう。
「この学部で、こんな研究ができるんだ!」という新しい発見があるかもしれませんよ。

 

PR
LINEで友達追加する

二木原 恭子

52,755 views

九州大学大学院修士課程修了(哲学専攻)、千葉県出身。大学は上智大学文学部哲学科。 勉強する時はリプトンの紅茶を常にお供にしていた。 受験時は特に世界史に苦労...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する