Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

医大生インタビュー(39)
二次試験、各校の特徴(横市Kさん)

Exam Information
PR

医学部受験において、ペーパー試験で点数を取るのと同時に重要なのが「二次試験の面接対策」。
どんなに勉強を頑張ってきていても、面接で「うちの学校にはふさわしくない人間だな」と思われてしまうと不合格になってしまいます。

二次試験で合格するためには「自分のなりたい医師像」を明確にし、「学校研究」をしっかりしておくことが重要。
そこで、今回は横浜市立大学医学部の2年生であるKさんの、「医学部二次試験の体験」について語っていただきました。
何を聞かれるかを知って、二次試験の練習をしておきましょう!

 

今回インタビューした医大生の先輩はこちらの方!

【お話を聞いた方】
Kさん
【学校・学年】
横浜市立大学医学部2年生

 

前回の記事はこちら

 

どんなことを聞かれた?二次試験各校の面接

 

今回のインタビューでは、

・横浜市立大学医学部
・防衛医科大学校
・日本医科大学
・国際医療福祉大学医学部
・順天堂大学医学部
・慈恵医科大学

について、

・面接時間
・雰囲気
・何を質問されたか

を中心に教えていただきましたよ!

 

その他の医学部についての二次試験の体験を知りたい方はこちらの記事もどうぞ!
金沢医科大学
杏林大学
近畿大学
女子医
埼玉医大
慶応大学
こちらの記事では、面接テクニックについてもご紹介しています。

各校の医学部二次試験の特徴

– そもそも、Kさんはどうやって二次試験の面接について情報収集をしたのですか?
Kさん:学校のパンフレットやHP、前年度の入試を受けている人への聞き取りなどですね。
これらから試験内容や面接内容をリサーチして臨みました。

 

横浜市立大学医学部

Kさん:試験時間は10分程度、穏やかで重くはない雰囲気でした。
・医学部志望理由
・何科の医師になりたいか
・他にどこの大学を受けているか
・(上記を受け)そこも合格したらどちらに進むか
を聞かれました。

私は「小さい頃から横浜市民だったので、横浜の地域に根ざした総合診療医になりたい」と答えました。
また、横市のカリキュラムについても質問されたため、しっかり学校案内などを読んでおくと良いでしょう。

 

防衛医科大学校

Kさん:防衛医大の面接は3つの日程に分かれており、泊まり込みで行われました。

1日目に小論文・面接
2日目に身体測定がありました。

面接は3:1で、女性の面接官が1人いらっしゃいました。

・なぜ防衛医大を選んだのか
・いざとなったら医官になるわけだが、そのことについてどう考えているか

を聞かれました。

 

日本医科大学

Kさん:日医はディスカッション形式のグループ面接と、個人面接両方ありました。
グループ面接は6人ぐらいで組まされ、30分程度の試験でした。
グループ面接では、

PR

・臓器移植など、医療系のトピック

を与えられ、「それについてどう思うか」を考えて発言します。
順番ではなく、意見のある人から挙手する形式ですが、試験時間が30分もあるので1人複数回答えることになります。

 

国際医療福祉大学医学部

Kさん:国際医療は穏やかですが、面接時間が長いです。
1人あたり1時間位かかります。
大学の志望理由や医学部を志す理由などの定番の質問以外に、

・救急車の有料化への是非

など、考えさせる質問もあります。
これは答えるとどんどん突っ込まれて深堀りされていきます。

【国際医療福祉大学の面接についてはこちらの記事でも触れています!】

 

順天堂大学医学部

Kさん:順天では「賞状やトロフィーなど、自分についての資料」を持っていって面接することが定番のスタイルとなります。

私は、小学校6年の時書いた生い立ちの記録や日記、小学校5年生のときに入賞した太陽電池のコンクールの賞状やパンフレット、通知表などを一つの冊子にまとめて持参しました。

Kさんが入試に持参した日記

 

・一次試験の際に書いた小論文についての質問
・持参した資料についての質問

が志望理由などの他に聞かれます。
一次試験の時に書いたことを思い出すようにしなければいけません。

 

– 一次試験の際に小論文があるんですね。
Kさん:はい。
写真を見て、指示に従って800字程度の内容を書きます。
最初は写真の中で注目した点を描写し、次にその描写から考えられることを書いて9割以上を埋めるようにします。

 

慈恵医科大学

Kさん:慈恵はMMI(multiple mini interview)と言われる、先生5人のところをそれぞれ制限時間5分ずつで回っていくスタイルです。

・自分の成績について
・志望理由
・写真を見て一言
・理想の医師像

などについて聞かれました。
理想の医師像については圧迫面接でしたね。

 

次回のインタビューは「医学部を目指す理由・受験生へのアドバイス」!

ペーパー試験以上に各校の特徴が出るのが面接。
特に順天・慈恵は通常の面接とはかなりスタイルが異なるため、何も知らずに本番を迎えると面食らってしまいそうですね。
落ち着いて、自分の魅力や思いを面接官に伝えられるようにしておきましょう!

さて次回は、そんなKさんがなぜ医学部を志望したか、そして受験時に何をもっと気をつけておけばよかったと考えているかをお伺いしました。

 

次回の記事はこちら

 

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。