Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

現役医学生が後輩に伝えたい試験の心得⑩
~面接で使える答え方・その4~

Exam Information
PR

みなさん、こんにちは。 受験も終盤になりましたね。

前回は、医学部の面接で聞かれた時のためにぜひ考えておいて欲しい内容をお伝えしました。

今回は、聞かれた時にどう答えたらいいかよくわからないと医学部受験生がよく悩む質問をピックアップしたいと思います。

尊敬する人は誰ですか?

これよく聞かれますよね。

家族の事話していいのかな?

世界の偉人とか有名な人をあげた方がいいのかな?

とか、困りますよね。

まず大前提として、尊敬する人に家族を選ぶのはやめましょう。

家族は尊敬していて当たり前です。医師である家族の誰かに憧れて医師を目指していたとしても、です。

そして尊敬する人は必ずしも世界の偉人である必要はありません。

私の尊敬する人は、高校時代にお世話になった養護教諭です。

こういった身近な人や、あまり功績が知られていない偉人を話す場合はその人がどんな人なのかをしっかり説明しましょう。なぜ尊敬しているのかを話すのはどの人を選んでいても共通です。

併願校はどこですか?

これもみんなが悩むポイントです。

全部言うの?この大学よりも偏差値的に上の大学も受験するなら正直に言うべき?

とよく質問を受けます。ぶっちゃけ、受験した大学よりも偏差値の低い大学を挙げるのが無難です。受験した大学が一番偏差値が高い場合は特に問題ないですよね。

PR

でも、受験した大学の中でその大学が一番偏差値が低かった場合は、その大学と並ぶような自分の受験する大学を答えましょう。

そしてこの質問の後に連続してよく聞かれるのが

全部受かったらどこ行くの?

という質問です。正直に違う大学だと答えたら印象悪いし、でも第一志望じゃないし。。と受験生はよく悩みます。

ここで考えてもらいたいのはここしか合格しなかったら自分はどんな選択をするか?ということです。

例え、もしも他の医学部が全て不合格となり今回受験する大学のみ合格となった場合に、あなたはこの大学に進学しますか?

もし進学したいなら、迷いなく「貴学に進学します」と伝えましょう。進学したいと思っているのにここでわざわざ印象を悪くする必要ありませんからね。

でももし、ここだけしか合格しなくても今年1年浪人すると決めているなら、正直に他の大学を答えてもいいかもしれません。ただ、来年この大学から合格がもらえる保証はありません。受験生に合格を出したのに蹴ったことを大学側が把握している可能性があります。

このリスクを冒してでも他の大学に進学したい場合に、他の大学のことを言及してもいいと個人的には思います。

相手の立場に立って答える

当たり前のことを言いますが、試験官の立場に立った答えを言いましょう。ニーズは何か?それを考えられる力は医師になるために必要です。

この点に注意して返答を考えていきましょう。

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。