Please enable JavaScript
メール配信サービス by Benchmark

研修医って何してる?
~1日のスケジュールからその先の将来まで徹底調査!~

Career
PR

みなさんこんにちは。

前回は医学部面接の時の最適な服装についてお話ししました。

今回は医師国家試験に合格した後、つまり「研修医」についてお話ししたいと思います。

研修医ってなに?

「医学部にもまだ入ってないのに研修医についてなんて知らないよ!」

という方もいらっしゃるかと思います。

研修医は、大きく分けて

初期研修医(ジュニアレジデント)

後期研修医(シニアレジデント)

の二つの枠組みがあります。

初期研修医

初期研修は主に医学部を卒業した後の2年間、後期研修医はその後の数年間のことを指します。

まず初めに初期研修についてですが、初期研修では「スーパーローテート」という制度で各科を回って研修します。

みなさんは、医学部に入って6年間勉強したら

「どんな患者さんも診られるようになる!」

と思ってはいませんか?

残念ながら医学の世界は広く深いため、たった6年では完全な知識を習得することはできません。

ましてや生身の患者さんを相手にする機会も、学生時代は実習以外ではなかなか確保できません。

そこで卒業後の2年間は

「将来どんな専門領域に行っても通用するように」

「重要な科を勉強するために」

あらゆる科で研修することになっています。

必修となっているのは

内科
救急科
地域医療
小児科
産婦人科

で、それ以外は自分で選択できます。

ちなみに内科というのは循環器内科や腎臓内科などの総称です。

必修の科は最低でも4週間は研修しますが、選択の時期は病院によって大きく異なります。

後期研修医

次に後期研修医です。これは端的に言うと

「〇〇科の医師です。」

と名乗れるようになるための研修と言っても良いかもしれません。

例えば消化器内科医になりたい!と思ったら、研修制度のある病院の消化器内科で数年間研修を受けます。

その後「専門医試験」と言う試験に合格すると、

「私は消化器内科医です」と名乗ることができるようになります。

PR

研修医の働く場所・待遇は?

国家試験に合格して病院で働き始めると、晴れて念願だった「医師」となります。

大学病院と市中病院

働く場所としては大きく分けて2つあります。

大学病院と市中病院です。

大学病院はお分かりの通り、医学部のある大学にくっついている病院ですね。

市中病院とはその他の病院の総称になります。

それぞれに大きく異なる特徴があります。

大学病院はやはり教育機関としての責務がありますし、学生なども多くいます。

また研究機関でもあるため、沢山の症例が集まりやすいです。

一方で、市中病院はより地域密着型のため、近所の人が通っていることが多く、患者さんと顔馴染みになってりもします。

また大学病院に比べて医師の数が少ないことが多いため、研修医になんでもやらせてくれるところが多い印象です。

収入面は?

次にみなさんが大好き?なお金、にまつわるお話です。

厚生労働省が平成23年に出したデータによると

初期研修医(1年目)の平均給与は435万円、

高いところでは1,000万円近く

とのことでした。

平成30年の25~29歳男性サラリーマンが

平均年収297.5万円

なので、比べるとかなり良い給料ですね!

さらに2年目、後期研修医になると専門性も高くなっていき、給料は高くなっていきます。

しかし医師には当直という病院に泊まり込んで夜間に助けを求める患者の診療を行う時間があります。これは体力的にもキツイことが多く、その分を考えると給料が高いとは一概に言えないかもしれません。

未来の研修医になるために

いかがでしたか?研修医として働く姿が少しは想像できたでしょうか?

受験勉強をしているとこの日々にいつ終わりが来るのかわからなくなって不安に思う時もあるかもしれません。

しかし、医学部に入学すると、

「自分は将来何しようかな?」

「どんな医師になろうかな?」と考える時間がどんどん増えます。

毎日受験勉強を頑張るみなさんも、医学生になるところをゴールとするのでなく、医師として働く姿を想像しながら勉強を頑張ってください!!

PR

LINEで友達追加する

五十嵐陽菜(Igarashi Haruna)

29,215 views

東京生まれ・東京育ちの医学生(杏林大学在学中)。 基本ふざけていますが(写真参照)、医学に関しては真面目です。 入試では一次試験全て合格・二次もほぼ合格 医...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEで友達追加する